住宅地でも設置出来る火の見える、環境に優しいストーブ

間伐材や木くずなどを粉砕・圧縮して円柱状に固めた木質ペレットを燃料として燃やすストーブです。実際の炎を見ながら暖を摂るので癒し効果があり、遠赤外線効果により身体の芯から温まります。燃料に木質ペレットを使用することで、間伐材の利用促進や非化石燃料を用いることで地球温暖化対策に貢献するなどの環境問題から注目されるとともに、灯油小売価格の変動に左右されず普及しつつあります。

■ペレットストーブの特徴

  1. 1 シンプルな操作性 スイッチひとつで点火・火力調整・消火ができます。
  2. 2 煙がでにくい 燃焼システムは強制給排気です。FF式暖房機といっしょで煙がでにくくなっていますので都市部でも安心してお使いいただけます。
  3. 3 工事費が薪ストーブより安価 排気管工事が簡単なため、施工費が安く初期導入コストを抑えられます。
  4. 4 低燃費で家計にもやさしい 一般のご家庭で1日約8~9時間の使用で、2日間で約1袋(10㎏)を消費します。ランニングコストは薪ストーブの2分の1以下です。
  5. 5 自然環境にやさしい 「カーボンニュートラル」排出された二酸化炭素は、原料である木が成長過程で吸収し、相対的に大気中の二酸化炭素は増えません。
  6. 6 身体にやさしい健康暖房 ペレットを燃やしその熱で暖まった温風を出します。吸気と排気は別の所から取りますので、汚れた排気が部屋の中に入ることはありません。
  7. 7 助成金制度 ペレットストーブ購入者やペレット燃料購入者に助成金を設ける自治体もあります。

詳しい情報は共同組合東濃ひのきの家のホームページでご覧下さい>>

詳しい情報は共同組合東濃ひのきの家のホームページでご覧下さい>>