建築家が中島工務店をパートナーとして選ぶ理由。

関東を中心に、建築家からも信頼されています




神谷建築スタジオ 神 谷 義 彦 Yoshihiko Kamiya  

神谷建築スタジオ 神谷義彦です。
私の事務所は愛知県にありますが、隣県岐阜県とつながりが深いこともあり中島工務店さんとはいつも楽しく仕事をさせていただいています。

小さい頃、今では少なくなってしまった近所の大工さんの加工場においてある鉋屑に絡まってよく遊んでいました。また住宅の建築現場があればこっそり忍び込んで秘密基地のようにして遊んでいたものです。今考えると、とんでもないことですが(笑)。
大学で建築を学び(学んだつもりになり)、社会で出て、何も知らないことを思い知らされ再度学び直しました。住宅に携わりたかったので木造を学びました。その中で中島工務店さんの存在を知り、一緒にお仕事をさせていただくようになり現在に至ります。

私の設計する住宅は今では希少となってしまっている「真壁造り」の木の住まいです。ほぼ全ての木材を現しにする住まいですから木のことを愛し、よく分かっている工務店さんでなければ安心して仕事ができません。「ボードで覆ってしまえばわからない」なんていう妥協は許されません。ですから木材の管理、現場の監理も必然的にシビアになります。その点、中島工務店さんは安心です。東濃ひのきのふるさと加子母に本拠地を構え、材料から職人さんに至るまで加子母から直送です。山に生まれ、山とともに生きている人々と本物の木の住まいを創れることは何よりの喜びです。そういった(川上から川下まで一体となった)つくり方でつくられた木の住まいで生活を送ることの出来る住まい手は本当に幸せだと思います。
「顔の見える素材を顔の見える職人で創る」こんな当たり前のようなことができる工務店さんは実はかなり貴重なのです。そういう意味では中島工務店さんと仕事ができている私も、住まい手同様幸せなのかもしれません。

当たり前のことを当たり前にすることが難しい時代となっています。 だからこそ、そんな当たり前のことを正直に話し合える中島工務店さんとは、今後も真摯に付き合っていきたいと思うのです。