木とともに生きる、木の家の暮らし

古来より木は人を守り、人に守られてきた

日本では昔から木を使った暮らしや文化を継承し、木の家で生活してきました。多くの工業製品が生み出された現代でも、多くの住宅が木造で建てられています。そこにあるのは、時代やライフスタイルがどれだけ変わっても、家づくりに最も適している素材が木である、という事実。耐久性、調湿性など住宅に必要な性能を備え、季節によって極端に変わる日本の風土に合った性質を持つ木は、今も昔も変わらず私たちに快適な住空間を与えてくれます。また木で家をつくることは、その木が育つ山を守ることにもつながります。木を植えることと同じく、木を使うことは山を循環させるのに大切なプロセスなのです。

木の家は暮らしも心も豊かにする

木の家における最大の魅力は、いつでも五感で木の温もり、木のやさしさ、木の心地よさを感じられることにあります。それは例えば、床を素足歩いた時に感じる肌触り。天井を見上げた時に目に入る木目の美しさ。ふと感じる爽やかな香り。本物の木だけを使った住まいには、いつも木に包まれている安心感が暮らしにあふれています。また木は時間とともに色褪せていく人工的の素材とは違い、時を経るごとに味わいが増していきます。それは木がそこに住む人とともに生きているから。住まいとともに大切な時間を刻んでいけるのは、木の家ならではの楽しみです。