☆中島工務店メールマガジン8月号☆ vol.38 2013年8月9日配信☆

(※このメルマガはHTMLメールです。X印が出ている方は画面の上方のメニューバーをご覧ください。「ダウンロードする」や「画像を表示する」をクリックすると写真もご覧いただけます。)



*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*【 目 次 】⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*

>>バックナンバーはこちらのURLをクリックしてご覧下さい。

  • 1 中島工務店からのお知らせ
  • 2 季節の扉  〜代表取締役 中島 紀于〜
  • 3 森の不思議 〜中島工務店 総合研究所 中川護〜

*⌒*⌒【 中島工務店からのお知らせ 】 ⌒*⌒*


●2 季節の扉

ブラジルサンパウロの日本館の修復工事に行って来た。宮大工の松下智廣棟梁と白蟻の(株)ピコイの神成泰孝支店長と。出入15日かかった。
茶室と展示室の二棟の屋根裏へ潜って白蟻の具合を調べた。大分食われているが、すぐに倒壊する事は無い。しかし出来るだけ早く補強して薬剤の注入と撒布が必要との結論。特に展示室の土台は蟻にも食われているので急を要する。
茶室の柱の根継ぎは10tのだるまジャッキ2台を上手く操り、柱を少し持ち上げて腐り部分を切り取り、尻挟み加工し、日本で作って持って行った相方と合わせて完成。5日間で完了。文協の人達もずっと付き放しで見ていて、見事な技と段取りの良さに目を丸くしていた。私もじっくりと仕事を見せて貰って、日本の職人の素晴らしさを改めて確認した。
日曜には日本祭を見学、世界一の富有柿の西尾農園と文化財の製茶工場と古い住宅もじっくり見学した。日伯文化福祉教会の感謝状を戴き、盛大な送別会をして戴き、感激して帰路についた。

 

中島 紀于代表取締役 中島 紀于
ブログ書いてます>>> http://norio.kinoie.in/



●3 森の不思議

森林と家づくり 2  森の再生

先月は、中島工務店のイベント「東濃ひのきふるさとまつり」について書きましたが、今年もふるさとまつりが好評のうちに終了しました。参加者の反応や感想を含め、木造建築と森林再生について触れてみます。
7月27、28両日は、前日まで激しく降ったり止んだりする不順な天候の合間の好天に恵まれて、プログラムの全てが順調に実施されました。弊社が行うイベントは、この機会に森を、木を、そして住宅づくりのすべてを体験して欲しいと欲深く盛り沢山の内容となっており、都会暮らしの参加者は、その体験の全てが新鮮で強く印象に残るようです。
感想の第一は、「弊社(中島工務店)の心意気に感動した。」です。自然とのふれあいや地元で採れた農産物などの食べ物、田舎での初体験や発見などを期待しての設問なのですが、社員スタッフの献身的なもてなしが第一の感動となるようです。元来、生真面目なスタッフの態度が参加者には最も印象的なのです。「とても温かかった」、「とても気持ちが良かった」と。そして全員が「また加子母を訪れたい。」と再来を望んでいます。
第二に、参加者全員が、弊社が建築した木造住宅に住んで間もない方々ばかりで、その住宅の住み心地などの意見や要望について、「夏の暑さも快適で、これから四季を通じてどのようになるのか楽しみ。また、木の良さを日々感じており、来訪者は皆さんが褒めてくれる。(中島工務店で)良かったです。」、「とても満足です。」と全員が(木造であることなど)誇りを持って訴えています。
さらに注目すべきは、森林、木材に対する関心や理解度が極めて高く、イベントメニューの中でも「自然探索」と「記念植樹」に高い関心を示しています。 
植樹に先立って、現地の自然環境や植樹の方法の説明していますが、特に森林の話や木材に関しては高い関心があり、夜の懇親会においても熱心に意見が交わされています。
つまり、自然とのふれあい、森林と木材、人間社会と地球環境等、木材を使って初めて知り得た知識、木造住宅をつくることによって会得した高いスキル、木の家に住んで実感する満足感など、施工を通じて親密となった担当者とのやり取り、また参加者同士の交流が夜の更けるまで続くのです。
森林を見つめてきた粥川真策さん(加子母村の最後の村長:中津川市加子母在住)は、長年に亘り林業・木材産業について努力されてきました。氏はここにきて次のような話をされています。「林業は衰退するが救えない。しかし森林は守ることができる。」と。
東濃ヒノキ林業圏において産直住宅を進めてきた地元の森林所有者、木材関係者は、実は森林を守ることが目的でした。それは、弊社らが必死に進めている住宅づくりが、木材の一本一本を確かめながら建てる「在来軸組工法」の木造建築物であるからこそ国産材の有効利用が可能となり、木材が持つ様々な利点を生かして使うことができるからです。
植林し、下草刈りなどの保育を続けて半世紀が過ぎ、間もなく収穫を迎えると言うのに、苗木代すら回収できなくなった現在の材価では、もはや林業としての生業は存在しないまでになったが、先輩たちが汗水流して植林した日本の森林はどこに行っても樹木(個体)は大きくなり、森林は生育し続けています。
「林業は救えなくても森林が残る」なのでしょうか。今日、地球温暖化防止に大きな役割を持つ森林、その森林を持続しつつ国産材をふんだんに利用して懸命に、一戸一戸木造住宅をつくり続けることこそ、唯一、林業を支え森林を守ることになると言えるのです。
若かったころ、森林再生のために木材は、「木材としての一定の理学的性質を備えていれば良い。」などと考えていました。資源の増大を追求しながら来るべき(今では遠のいてしまった)国産材時代を夢見て、ヒノキなど木が持つそれぞれの特徴や質への理解も十分でなく、またこれの特性を生かした日本独特の伝統的建築技術の奥深さを理解できなかったことを恥じずにはいられません。

択伐と間伐

中川 護(中島工務店 総合研究所長 中川 護 )



●4 住宅豆知識

消費税率引き上げに伴う住宅関連税制とすまい給付金

来年4月1日の消費税率引き上げ(予定)まで、残すところ後8ヶ月を切りました。税率引き上げに対する住宅業界の対策を紹介します。

まずは、工事請負契約に対しては、消費税引上げ6ヶ月前の指定日(8%時は平成25年10月1日、10%時は平成27年4月1日)までに工事請負契約された住宅は、引き渡しの時期に関係なく契約時の税率が適用される経過措置があります。

取引の中には不動産会社が仲介する中古住宅等、売主が個人の場合は消費税が掛からないものもあります。又、土地の売買も消費税は掛かりません。

減税措置や給付金制度によって、消費税率引き上げに係る負担を軽減するよう制度が整備されつつあります。これは国の「駆け込まないでね」という姿勢の表れと言えます。

まずは「住宅ローン減税」。住宅ローンの金利負担を軽減するため、年末のローン残高の1%を所得税から控除する制度です。10年間継続して受けることができるため、大きな減税効果となりそうです。引き上げ後の消費税率が適用される方で最大控除額等が拡充されるととともに、平成29年12月の入居まで実施されることとなりました。

次に、耐震性等に優れた「長期優良住宅」や省エネ性に優れた「低炭素住宅」を取得した場合、一般住宅から認定住宅に性能を強化する標準的な費用の10%を所得税から控除する「投資型減税」。平成29年12月入居までの引き上げ後の消費税率負担を行った方に対する控除が、最大50万円から最大65万円に拡充されました。1年で控除しきれない場合は翌年の所得税から控除されます。

そして、6月26日の与党合意に基づく新しい制度「すまい給付金」。自らが居住する住宅の取得に際し、引き上げ後の消費税率が提供される方に給付金が支払われる制度です。今後最終的な調整が行われます。

「すまい給付金」は、新築住宅の他に中古住宅も対象です。但し、建設住宅性能表示制度等により住宅品質や耐震性が確認できることが条件です。住宅取得者の取得時に適用される消費税率に応じて給付額が設定されています。収入額によって給付基礎額が決まり、給付基礎額に登記上の持分割合を乗じた額が給付されます。計算は少々細かいです。

この制度は、本人申請や住宅事業者や親族による手続代行が可能です。すまい給付金申請窓口にて申請すること、又は申請書類を事務局に郵送することも可能です。すまい給付金申請窓口は以前の「住宅エコポイント」の申請とよく似たものとなりそうです。

詳しくは、http://sumai-kyufu.jpで確認できます。

(本社 中島 大地)

○メール配信の解除、アドレスの変更はこちらからできます。
https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=npsg

※弊社に興味をお持ちいただけましたら、是非このメルマガを知り合いの方にもご紹介ください。

100年住める家づくり。
木の家を建てるなら、中島工務店にお任せください。

----------------------------------------------------------------------
発行元 株式会社中島工務店
会社ホームページ:http://www.npsg.co.jp
住宅部ホームページ:http://kinoie.in
社長ブログ:http://norio.kinoie.in/
社員リレーブログ:http://npskobe.exblog.jp/
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
□東京・新木場モデルハウス 〒136-0082 東京都江東区新木場1-1-1 TEL/03-3522-0333
□大阪彩都モデルハウス 〒562-0028 大阪府箕面市彩都粟生南1-16-29 TEL/072-726-2400
□名古屋ショールーム 〒480-1151 愛知県長久手市久保山1925 TEL/0574-62-6530
□可児モデルハウス(LITTLE KASHIMO) 〒509-0214 岐阜県可児市広見4-11 TEL/0574-62-6530
□中津川モデルハウス(SUN) 〒508-0011 岐阜県中津川市駒場字青木447-50 TEL/0573-62-3358
□かしもショールーム 〒508-0421 岐阜県中津川市加子母1361-25 TEL/0573-79-3958
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
◆本社 〒508-0412 岐阜県中津川市加子母1005番地 TEL/0573-79-3131
◆東京支店 〒136-0082 東京都江東区新木場3-4-10 TEL/03-3521-7773
◆関東社寺支店 〒333-0831 埼玉県川口市木曽呂727 TEL/048-290-7021
◆神戸支店 〒651-1101 兵庫県神戸市北区山田町小部字惣六畑山2番1 TEL/078-595-1838
◆名古屋支店 〒480-1151 愛知県長久手市久保山1925 TEL/0561-61-3301
◆中津川支店 〒509-9131 岐阜県中津川市千旦林字西垣外230-1 TEL/0573-68-5785