☆中島工務店メールマガジン11月号☆ vol.29 2012年11月8日配信☆

(※このメルマガはHTMLメールです。X印が出ている方は画面の上方のメニューバーをご覧ください。「ダウンロードする」や「画像を表示する」をクリックすると写真もご覧いただけます。)



*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*【 目 次 】⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*

>>バックナンバーはこちらのURLをクリックしてご覧下さい。

  • 1 中島工務店からのお知らせ
  • 2 季節の扉  〜代表取締役 中島 紀于〜
  • 3 森の不思議 〜中島工務店 総合研究所 中川護〜
  • 4 住宅豆知識 / 加子母っ子の温熱環境コラム 第6回

*⌒*⌒【 中島工務店からのお知らせ 】 ⌒*⌒*


●2 季節の扉

十一月に入った。途端に寒くなった。今年は台風が来なくてずっと暖かかったので紅葉も遅くまで頑張っている。四日の日曜日にかしも山歩倶楽部で唐塩山(1609m)へ登った。空はどこまでも青く空気も澄んで絶好の登山日和だ。総勢三十人。小学二年から八十八才迄。
途中何度も車を降りて紅葉を楽しみ乍ら、木曽越林道を車で登り頂上から歩いた。国有林の経路は熊笹が茂っている所もある。稜線を歩くので御岳山が手の届く所にすっごくきれいに見える。尾根の急坂あり。岩場あり。結構きつい所もあって何度も休み乍ら登った。
熊と猿のうんちもあった。岳樺(だけかんば)は葉を落して白い幹の林が青空に映えてきれい。もみじの紅、白文字の黄、桧と樅の緑、、、。この世のものとは思えない程きれいだった。
やっとの事で戻り遅いお昼は西方芋の美味しいおいしい大芋煮会だった。三杯もお替りした。それから木曽谷の大崖の天辺から眼下に広がる紅葉の大パノラマを堪能した。
大自然との楽しいたのしい一日だった。

 

中島 紀于代表取締役 中島 紀于
ブログ書いてます>>> http://norio.kinoie.in/



●3 森の不思議

木を植えること 3 (植樹祭)

全国植樹祭をご存知ですか。日本で進められてきた国を挙げての植林緑化運動の象徴ともいえる行事で、戦中戦後の過度の森林伐採によって荒廃した日本の国土の復興をめざして、昭和25年に山梨県で開催されて以来、毎年全国各地で開催されています。1957年4月、岐阜県谷汲で開催された第8回全国植樹祭に、当時中学3年生の私は、岐阜県の学生代表として参加し、他校の2人とともに国旗掲揚を行ったほか、行幸啓された天皇・皇后両陛下の御前で「学校植林」活動について表彰を受けました。その頃学校では、春の植栽の時期になると、♪ 私の庭に学校に、木を植えましょう松の苗、初めの一本お父さん、並んで一本お母さん、あとの三本子どもたち♪と、植樹祭の歌の校内放送が流れました。いま、お隣の中国では、森林資源の枯渇と環境の悪化に危機感を持ち、「国民の植林の義務化」をはじめ、国家的プロジェクトによる大規模な造林事業が進められています。それは、当時の日本の国土緑化運動に似ています。日本では植林の義務化こそありませんでしたが、全国で植林が行われました。2001年から毎年、緑化事業が進む中国の砂漠化地帯で緑化の技術指導に当たっていますが、当時の日本の山村の植林光景を思い出します。林野庁に入ってからは、営林局又は営林署で主として植林事業を担当し、その勤務する先々で春になると植樹祭を実施しました。印象に残っているのは、1994年に付知営林署(現東濃森林管理署:岐阜県中津川市)で開催した植樹祭です。植樹会場といえば当然「山」の中で行っていましたが「川」で開催して話題となり注目されました。ヒノキの郷土と呼ばれる付知署管内には、400年の年輪を持つ木曽ヒノキ林があり、古くから木の文化を育んできました。その後、人工林時代になって東濃ヒノキが主役となり、優れた建築用材を全国に流通し、高価に取引された時代でした。植樹祭には、林業関係者はもとより、地元の小学校の児童、商工会、青年団など地元住民の皆さんに参加していただきました。植栽樹種は、皆さんが自ら育てたツツジ苗などを持ち寄っていただいたり、地元に自生するヒトツバタゴ等を植えました。会場は、付知川の美しい景観を誇る「ローマン渓谷」と呼ぶ水辺に近い個所でしたから、自然環境の専門家の指導も受け、地域ぐるみのプロジェクトになりました。このほか、転勤のたびにそれぞれの地域で開催した植樹祭は様々で、地元の情報が集まる町の床屋さんや美容院の方々、また、「みどりさん」という名前の方々ばかりのご招待など、身近な存在でも日ごろは森林や林業には馴染みが少ない地域住民の皆さまをお招きし、普段の生活の中に木を植えることが広がることを目指しました。「木(樹)を植えること、」これは単に木材などの資源利用が目的ばかりではなく、そこに生活する私たちが自然との一体感を取り戻す、これが主な目的でした。ヒノキやスギ林を広葉樹に転換するという短絡なことでなく、私たちすべての人々が心から自然に愛着をもつことへの自覚のために、「木を植えましょう」と呼びかけたいのです。

中川 護(中島工務店 総合研究所長 中川 護 )



●4 住宅豆知識 / 加子母っ子の温熱環境コラム

< 第6回 > 冬が来る前に・・・

残暑厳しい夏が終わり、過ごし易い秋を楽しもうと思った10月は、寒い日も多く故郷の加子母(かしも)では、朝方の外気温が2℃まで下がった日もありました。11月に入ると冬本番まで一直線。

冬本番直前の今回は、手軽に出来る冬場の温熱環境向上の取り組みを紹介。
まず最初にお勧めなのが、前回コラムで紹介
(http://kinoie.in/mailmagazine/htmlmail/201210/index.html#onnetsu)した「開口部の対策」。窓にカーテン等をする事以外に、雨戸も効果があります。どちらも室内の暖かい空気を逃がしにくくします。

次は「部分暖房」。入浴時は身体が一番大きな温度変化を受けます。これには浴室及び脱衣室の室温を上げる事が大切。浴槽にシャワーで貯湯する事で、蛇口やユニットバスの標準仕様になっている自動湯はりをする場合よりも、浴室内の温度を上げる事が出来ます。

もう少し狭い範囲では、湯たんぽ(写真1)とひざ掛けを併用する事で、足元で冷えを感じる部分が暖かくなります。エアコン等の暖房を使用している場合は、扇風機を室内上部に向けて使用する事で、天井付近に集まる暖かい空気を循環させ、室温が均一になります。

最後は「着衣量」の調整。温度が低くなりやすい床面からの冷えを防ぐために、保温スリッパ(写真2)を使用したり、上着の上にもう一枚ベストを羽織るなど、お気に入りのアイテムを使って温熱環境を向上させるのも楽しいかもしれません。


中川 護 (東京支店 中島 創造)
温熱ブログ 創造の加子母っ子タイム:http://sozo3131.exblog.jp/



100年住める家づくり。
木の家を建てるなら、中島工務店にお任せください。

----------------------------------------------------------------------
発行元 株式会社中島工務店
会社ホームページ:http://www.npsg.co.jp
住宅部ホームページ:http://kinoie.in
社長ブログ:http://norio.kinoie.in/
社員リレーブログ:http://npskobe.exblog.jp/
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
□東京・新木場モデルハウス 〒136-0082 東京都江東区新木場1-1-1 TEL/03-3522-0333
□大阪彩都モデルハウス 〒562-0028 大阪府箕面市彩都粟生南1-16-29 TEL/072-726-2400
□名古屋ショールーム 〒480-1151 愛知県長久手市久保山1925 TEL/0574-62-6530
□可児モデルハウス(LITTLE KASHIMO) 〒509-0214 岐阜県可児市広見4-11 TEL/0574-62-6530
□中津川モデルハウス(SUN) 〒508-0011 岐阜県中津川市駒場字青木447-50 TEL/0573-62-3358
□かしもショールーム 〒508-0421 岐阜県中津川市加子母1361-25 TEL/0573-79-3958
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
◆本社 〒508-0412 岐阜県中津川市加子母1005番地 TEL/0573-79-3131
◆東京支店 〒136-0082 東京都江東区新木場3-4-10 TEL/03-3521-7773
◆関東社寺支店 〒333-0831 埼玉県川口市木曽呂727 TEL/048-290-7021
◆神戸支店 〒651-1101 兵庫県神戸市北区山田町小部字惣六畑山2番1 TEL/078-595-1838
◆名古屋支店 〒480-1151 愛知県長久手市久保山1925 TEL/0561-61-3301
◆中津川支店 〒509-9131 岐阜県中津川市千旦林字西垣外230-1 TEL/0573-68-5785