☆中島工務店メールマガジン6月号☆ vol.24 2012年6月7日配信☆

(※このメルマガはHTMLメールです。X印が出ている方は画面の上方のメニューバーをご覧ください。「ダウンロードする」や「画像を表示する」をクリックすると写真もご覧いただけます。)



*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*【 目 次 】⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*

>>バックナンバーはこちらのURLをクリックしてご覧下さい。

  • 1 中島工務店からのお知らせ
  • 2 季節の扉  〜代表取締役 中島 紀于〜
  • 3 森の不思議 〜中島工務店 総合研究所 中川護〜
  • 4 住宅豆知識 / 加子母っ子の温熱環境コラム 第1回
※今後のイベント予定
■2012/8/25(土) 夏夜祭2012 in LITTLE KASHIMO (岐阜県可児市)
■2012/9/8・9(土日) 水と緑の勉強会2012秋 (岐阜県中津川市)

*⌒*⌒【 中島工務店からのお知らせ 】 ⌒*⌒*


●2 季節の扉

6月に入った。初夏の香りがする。タニウツギは薄いピンクの小さな花をあちこちで咲かせ始めた。福崎バンガロー村にはたった1本だけ白のタニウツギが今年もきれいに咲いた。
卯の花の匂う垣根に時鳥早やも来鳴きて忍音もらすのはまだかまだかと心待ちにしていたら今日鳴いた。何とも言えない程心が弾んで嬉しい。ずっと寒さをこらえ、ようやく春が来て少しづつ草花が大きくなり咲き始める。それから一気に初夏になる。タニウツギの次はハコネウツギの白とピンクの程良く混ざった少し大き目な花がとても可愛い。バイカウツギもずっとあちこち探すと白い梅に良く似た花を見つける事がある。どこにでもたくさん咲くタニウツギ、ハコネウツギとは又一味違った愛おしさがある。唯のウツギは小さな小さな細かい花弁をたくさんつけて何処にでも咲いている。本格的な夏が来るとノリウツギが大きな木にソフトクリームの様な大きな花をたくさんつける。ウツギだけでも楽しめる。

 

中島 紀于代表取締役 中島 紀于
ブログ書いてます>>> http://norio.kinoie.in/



●3 森の不思議

付知川流域まるごと博物館(3)(流域全体をエコミュージアムに)

前回に続く流域まるごと博物館というこの構想は、地域に住む人たちの生活そのものが博物館なのですから、自分たち自身が素晴らしいと思えるものでなければなりません。こうしたエコミュージアムは、地元住民によって守り育てられてきた自然、歴史、産業、文化、交通機関、社会経済の動向などすべてが対象になり、その地域で受け継がれてきた自然や文化、生活様式を含めた環境を守りながら住み続けることが目的です。住民が参加して展示資料を現地保存し、運営しながら地域を見直し、その発展を目指すことこそ大切なのです。ところで近年、ミュージアムの舞台となる日本の農山村が、単にこれまで基幹産業であった林業を活性化する目的で取り組んだとしても、残念ですがその効果が期待できると信じている人はありません。その理由は、材価の低迷で林業が採算ベースに乗らないことや、環境を大切にする時代となって、天然林など価値の高い木材の伐採を好ましいと思う人がいなくなり、むしろ伐採しないで欲しいと思う人が圧倒的に多くなってきました。また、一方では木材が地球に優しい資源として、もっと利用しようという気運が高まっていることも確かです。このような中にあって、林業の振興は、木を伐ることの繰り返し施業ではなく、森林の持つ公益的機能を維持しながら木材を利用する、つまり一度に多くを伐採しない複層林や択伐などの抜き伐りによる技術が進んできています。そして、木材の需要が無制限に伸びることが林業を活性化するものではなく、農山村の振興にかえって逆効果となることも明らかになってきました。住宅が不足し安上がりの住宅を建てては壊すという時代から、長年利用されてきた在来工法による古い住宅建築が見直され、木材をもっと大切に使おうという時代になってきたからです。「もの」から「こころ」へと人々の思考や選択も変化し、真に豊かな生活や地域づくりを考えようとするようになって、私達が祖先から引き継いできたもともとの郷土が、いかに美しく快適な生活空間であったことに気付き始めたからです。このかけがえのない郷土を、誰かにそのあるべき姿を考えてもらい、建設させるのではなく、地域の人々によってその発展の行方を考えることが必要であることはいうまでもありません。森林、川、木材などこの地域の特色を生かし、エコミュージアムの理念を取り入れた郷土づくりを、付知川流域に限らず全国の農村で展開されるネットワークの実現を呼びかけたいと思います。
(中島工務店 総合研究所長 中川 護 )

●4 住宅豆知識 / 加子母っ子の温熱環境コラム

< 第1回 > 温熱環境とは?
普段あまり耳にする機会が少ない「温熱環境」
これは生活する上での快適性や心地良さと深い関わりを持っています。この温熱環境とは温度・湿度・気流(風)・蒸散(汗)・活動量(運動)・着衣量(衣服)・表面温度・表面材質によって形成される環境です。

その中でも表面温度とは、電磁波によって伝わる熱をさしています。あらゆる物質はその温度に応じた電磁波を放射しています。例えば冬場同じ室温の室内でも、窓際に近寄ると背筋がゾクっとするのは、窓の表面温度が低いからです。

また表面材質とは、文字通り材質の表面をさします。住まいの中で身体が触れる機会が多い床を例に挙げると、表面温度が同じ柔らかい杉板と、硬いタイル(石)に触れた場合、前者を暖かいと感じるのは表面材質の熱の伝わり易さが違うからです。

これら8要素のバランスが保たれている状態で人は快適・心地よいと感じます。住宅において生活する上では、活動量(運動)・着衣量(衣服)は生活する側、その他の6要素は建物側にゆだねられます。しかし快適と感じる環境は、個人差がありかつ生活条件や、年齢により変容します。

(東京支店 中島 創造)
温熱ブログ 創造の加子母っ子タイム:http://sozo3131.exblog.jp/

100年住める家づくり。
木の家を建てるなら、中島工務店にお任せください。

----------------------------------------------------------------------
発行元 株式会社中島工務店
会社ホームページ:http://www.npsg.co.jp
住宅部ホームページ:http://kinoie.in
社長ブログ:http://norio.kinoie.in/
社員リレーブログ:http://npskobe.exblog.jp/
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
□東京・新木場モデルハウス 〒136-0082 東京都江東区新木場1-1-1 TEL/03-3522-0333
□大阪彩都モデルハウス 〒562-0028 大阪府箕面市彩都粟生南1-16-29 TEL/072-726-2400
□名古屋ショールーム 〒480-1151 愛知県愛知郡長久手町久保山1925 TEL/0574-62-6530
□可児モデルハウス(LITTLE KASHIMO) 〒509-0214 岐阜県可児市広見4-11 TEL/0574-62-6530
□中津川モデルハウス(SUN) 〒508-0011 岐阜県中津川市駒場字青木447-50 TEL/0573-62-3358
□かしもショールーム 〒508-0421 岐阜県中津川市加子母1361-25 TEL/0573-79-3958
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
◆本社 〒508-0412 岐阜県中津川市加子母1005番地 TEL/0573-79-3131
◆東京支店 〒136-0082 東京都江東区新木場3-4-10 TEL/03-3521-7773
◆関東社寺支店 〒333-0831 埼玉県川口市木曽呂727 TEL/048-290-7021
◆神戸支店 〒651-1101 兵庫県神戸市北区山田町小部字惣六畑山2番1 TEL/078-595-1838
◆名古屋支店 〒480-1151 愛知県長久手市久保山1925 TEL/0561-61-3301
◆中津川支店 〒509-9131 岐阜県中津川市千旦林字西垣外230-1 TEL/0573-68-5785