☆中島工務店メールマガジン3月号☆ vol.21 2012年3月7日配信☆

(※このメルマガはHTMLメールです。X印が出ている方は画面の上方のメニューバーをご覧ください。「ダウンロードする」や「画像を表示する」をクリックすると写真もご覧いただけます。)



*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*【 目 次 】⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*


>>バックナンバーはこちらのURLをクリックしてご覧下さい。 http://kinoie.in/

もう少しで春ですね!

  • 1 中島工務店からのお知らせ
  • 2 季節の扉  〜代表取締役 中島 紀于〜
  • 3 森の不思議 〜中島工務店 総合研究所 中川護〜
  • 4 住宅豆知識

*⌒*⌒【 中島工務店からのお知らせ 】 ⌒*⌒*


●2 季節の扉

待ちにまったクロッカスの鮮やかな黄色い花を見つけました!! 3月に入ってずっと雨ばかり。この恵みの雨が雪を融かし凍った大地を融かし温めてくれるのです。お陰でクロッカスが咲きました。今朝は黄色だけですが次に紫、そして白が咲きます。富士山柿の根元にはスノーフレークの真白な小さな花も咲いていました。それならばと家の周りを探すとあちこちに咲いています。クリスマスローズも蕾をふくらませています。もうすぐ白い花が開きます。その次に赤紫のどぎつい花も開きます。すぐ隣には水仙が辺り一面に頭を出しています。しでこぶしの綿帽子の様な芽も大きくなって来ました。
まだまだ3月に入ったばかりです。三寒四温と言います。寒い日もあり温かい日もあり少しづつ温かくなってゆきます。ゆっくりだけど確実に温かくなってゆきます。本当に大自然は大したものです。本当にありがたいものです。これから忙しくなります。


 

中島 紀于代表取締役 中島 紀于
ブログ書いてます>>> http://norio.kinoie.in/



●3 森の不思議

天然更新・その力
(私たちが目にする森林は人工林ですが、昔から森林は全て自然の力で)

今回は、森林が自然の力で蘇ることについてお伝えします。森林が人間によって伐採されたり、山火事で燃えてしまったりして裸地になったあと、自然の力で森林に再生することを天然更新といいます。私たちが住む地球では年を通して雨が降らない砂漠地帯を除いて、森林は自然の力でできあがります。樹種によって結実(実をつける)の周期があり、例えばブナは7年、ヒノキは4年に1回の豊作年に実をつけます。こうした種子が地表に供給され、その多くを熊やリス、鼠などの動物や鳥、虫に食べられるものもありますが、翌年に発芽するもののほかは土壌の中で眠って(休眠状態)います。森林が伐採され、陽光が射し込むなど種子が芽を出しやすい環境になると、これらの種子が育って森林が再生するのです。日本の針葉樹のなかで最も天然更新が容易に行われる樹種はアカマツで、日当たりのよい斜面ではアカマツ林の跡地に再びアカマツの稚樹が一斉に発生します。一般的には最初に発芽してくるのはパイオニア植物で、中部地方ではクマイザサ等が一斉に繁茂します。時間の経過とともに植物が移り変わって森林が回復します。先日、私の山からシイタケ原木のナラを伐採したいと木材業者さんがやって来ました。この山は、私が子供の頃まで祖父や父が採草地として毎年萱を刈っていました。祖父や父が亡くなり草を刈らなくなって40年以上経過し、その間に採草地になる前のナラ林になったのです。標高は600〜700mで、こうして回復した森林がすべて元と同じかどうかは、また別の問題がありますが、一般的には本州中部のこの山は、里山ですからミズナラやコナラが中心の落葉広葉樹林が多かったのでしょう。それよりさらに昔はおそらくミズメ、トチノキが混じった木曽ヒノキの森林であったと考えられます。祖先が伐採し、繰り返し草が刈られ、その間に土に埋まったナラ類の種子は眠っていたもの、発芽してもそれを草と一緒に刈り取られるものがあったのでしょう。草刈りを止めて長い期間が経過し、ようやく芽を出したもの、毎年刈り取られていたナラの株から萌芽(切株の脇から出る枝)でナラ林となり、シイタケの原木の大きさに成長したのです。原木代金をいただく代わりに、再びミズナラやコナラが育ち易いように、伐採した木の枝や葉を整理し、雑草も刈払う手入れをお願いしました。40年以上の長い時間をかけてできたナラの広葉樹林が伐られても、再び素晴らしいナラ林に蘇るように。
(中島工務店 総合研究所長 中川 護 )

●4 住宅豆知識

メンテナンスについて

つくったらそれっきり・・・が常識の日本の家。
日本では戸建住宅を持つと、一生涯住むつもりで「新築して定住して、捨てる」を繰り返します。だからメンテナンスフリーの新建材が好まれるのですがそれでは無機質な空間になってしまい、いつまでも愛せる家にはなりません。木造住宅は手を入れ、修繕し、化粧を続けてこそ愛着が生まれるものです。
一方、欧米では住み替えることが常識で、そこで売り買いが生じ、メンテナンスに励めばそれだけ高く売ることが出来るのです。 
この違いは、日本の家が短命で欧米の家が長命であることと無関係ではありません。
お住まいを長持ちさせるためにも定期的なメンテナンスをお勧めします。

 

100年住める家づくり。
木の家を建てるなら、中島工務店にお任せください。

----------------------------------------------------------------------
発行元 株式会社中島工務店
会社ホームページ:http://www.npsg.co.jp
社長ブログ:http://norio.kinoie.in/
社員リレーブログ:http://npskobe.exblog.jp/
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
□可児モデルハウス(LITTLE KASHIMO) 〒509-0214 岐阜県可児市広見4-11 TEL/0574-62-6530
□かしもショールーム 〒508-0421 岐阜県中津川市加子母1361-25 TEL/0573-79-3958
□東京モデルハウス 〒136-0082 東京都江東区新木場1-1-1 TEL/03-3522-0333
□大阪彩都営業所 〒562-0028 大阪府箕面市彩都粟生南1-16-29 TEL/072-726-2400
□中津川モデルハウス(SUN) 〒508-0011 岐阜県中津川市駒場字青木447-50 TEL/0573-62-3358
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
◆本社 〒508-0412 岐阜県中津川市加子母1005番地 TEL/0573-79-3131
◆東京支店 〒136-0082 東京都江東区新木場3-4-10 TEL/03-3521-7773
◆関東社寺支店 〒333-0831 埼玉県川口市木曽呂727 TEL/048-290-7021
◆神戸支店 〒651-1101 兵庫県神戸市北区山田町小部字惣六畑山2番1 TEL/078-595-1838
◆名古屋支店 〒480-1151 愛知県愛知郡長久手町久保山1925 TEL/0561-61-3301
◆中津川支店 〒509-9131 岐阜県中津川市千旦林字西垣外230-1 TEL/0573-68-5785