☆中島工務店メールマガジン8月号☆ vol.14 2011年8月7日配信☆

ささゆり
(※このメルマガはHTMLメールです。X印が出ている方は画面の上方のメニューバーをご覧ください。「ダウンロードする」や「画像を表示する」をクリックすると写真もご覧いただけます。)

>>バックナンバーはこちらのURLをクリックしてご覧下さい。 http://kinoie.in/

じとじとした日が続きます。そろそろ入道雲が恋しくなってきました。

*⌒*⌒【 中島工務店からのお知らせ 】イベントの詳細は下の方をご覧ください ⌒*⌒*

  • 8月20日(土)「夏夜祭2011 in LITTLE KASHIMO」(岐阜県可児市)  
  • 9月17日(土)18日(日) 水と緑の勉強会2011秋。詳細は下記のイベント案内をご覧ください。
  • お盆期間の営業時間のご案内 8/13(土)〜15(月)※通常営業いたします。
    ・かしもショールーム 営業時間: 8:00am〜5:00pm
    ・彩都モデルハウス  営業時間:10:00am〜6:00pm
    ・可児モデルハウス 営業時間:10:00am〜6:00pm
  • ショッピングプラザアトラのホームページを開設しました!
    ホームページはこちらです。>>>

*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*【 目 次 】⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*
  • 1 季節の扉  〜代表取締役 中島 紀于〜
  • 2 連載コラム  〜環境と森と家づくりを考える 中島工務店 総合研究所 中川護〜
  • 3 住宅Q&A
  • 4 住宅豆知識
  • 5 イベントのご案内
  • 6 イベント報告
  • 7 編集後記

●1 季節の扉
8月になった。1〜3日は加子母のお盆です。一年中で一番暑い日です。昔は盆踊りがとても愉しみでした。鮎の友釣りも解禁日でした。百姓も土方も皆んな休みで仕事をしなくても良かった。だからお盆が待遠しかった。盆と正月が唯一の休みで美味しいものが食えた。酒も思う存分飲めた。とても良い日だった。お盆の夜に良いカップルが出来たものだ。皆んな貧しかったからずっと毎日働きっぱなしで盆と正月を愉しみに待ったものだ。
豊かになった今日、盆も正月もそんなに特別の日では無くなった。都会へ働きに行った人も里帰りを愉しみにして帰って来た。小遣い銭やお土産を持って意気揚々と帰って来た。
親や兄弟もずっと待っていた。車や鉄道や飛行機までも身近になり何処へでも簡単に行き来できる。銭も取れるし何でも買える。とても良い世の中になったのに何故か感激が薄れ、情愛も薄れ、何よりも思いやりが無くなってしまった。これで良いのかと考えてしまう。
  ささゆり

中島 紀于代表取締役 中島 紀于
ブログ書いてます>>> http://norio.kinoie.in/



●2 連載コラム

ヒノキのふるさとから/No.14 〜環境と森と家づくりを考える〜 
中島工務店 総合研究所長 中川 護

「飛騨の匠3」

今回は、現代版「飛騨の匠」について書きましょう。加納勝彦さん(岐阜県加茂郡七宗町、1958年生)の名刺には社寺部・工匠と記されています。学校を卒業と同時に亀山芳郎さん(亀山建設創業者:岐阜県関市)のもとで修業を続け、30余年にわたり多くの社寺、仏閣の建造に関わってきました。中でも平成3年、亀山義比古社長率いる同社メンバーで「安土城天守」の復元に加わりました。安土城天主(守)復元とは、1992年にスペイン・セビリアで「発見の時代」をテーマに開催された万国博覧会に、安藤忠雄氏設計による木造建築日本館中央部に展示された建造物です。かつて1579年織田信長によって築城され、僅か3年にして焼失し幻と化した安土城の天守の最上階5・6階を当時の工法を忠実に再現し、錺(かざり)金具、天井等の彩色のほか障壁画制作など日本を代表する名工のほか、東京芸術大学美術学部、京都市立芸術大学美術学部らの多くの研究者、職人集団が関わりました。建物の中には、狩野永徳が描いた15世末にはじまる日本とスペインの関係を示す「南蛮屏風」も展示され、現代の技術の粋を発揮した作品となりました。加納さんは、この原寸大の展示物の建造の素木(しらき)仮組みに「宮大工」として関わりました。こうした一大イベントを含めて、氏が棟梁として関わってきた社寺・仏閣は数多く、中部3県のほか山梨県、富山県に及び、その数20ケ寺以上に及んでいます。日本の建築工人(こうじん)といえば、長い歴史の中で代々その技を継承し発展させ、建築工人が備えなければならない技術は、「匠明」(17世紀初めの建築書)に「五意達者」と記され、これを渡辺晶(財団法人竹中大工道具館学芸部長)著「修復の手帳」で解説されています。五意とは、(1)「式尺の墨?(すみがね)」と言われ、設計や、木割を「矩」(さしがね)一本で長さや角度を巧みに算出する規矩術を駆使し、(2)「算合(さんごう)」とは、積算・見積りを指しています。(3)「手仕事」は、木材の性質を知り尽くし、機械加工ではカバーできない繊細な加工技術を持っていることでしょう。(4)「絵用(えよう)」(5)「彫物」は、建築装飾の下絵を描きそれを彫り上げる技を指しています。これらの数理能力、芸術能力を、鍛錬した身体で発揮できる能力を備えてこそ宮大工といえるのです。他に例をとれば、日本の国技である相撲界の横綱は、力士の格付けの最高位の称号ですが、勝負に強く相手を倒して連勝を重ねるだけではなく、心身ともに鍛錬された人間としての地位、品格と力量が要求されます。また、ドイツの森林官「フォレスター」は、かの国の青少年の憧れの職業で、社会的地位が高く単に森林の専門家としての技術者・研究者ではなく、地域を代表する人間として尊敬される豊かな人間性を備えた人格が求められています。大工棟梁として一人前になるには長い修業の年月が必要です。加納さんは、「鑿とゲンノウを持つだけが大工ではない。」といいつつ、原寸図を描き大工にこれの施工を指導するなど社寺建築全般に忙しく、「まだ、鑿のカンナも錆びてはいませんよ。」と、にこやかに取材に応じてくださいました。その横顔に現代の飛騨の匠を感じました。

●中川 護 プロフィール
(株式会社中島工務店 総合研究所長)(職業能力開発校 木匠塾 事務局長)

中川 護 昭和17年岐阜県下呂市(旧馬瀬村)生まれ。昭和40年名古屋営林局(現中部森林管理局名古屋事務所)計画課に入庁。 若い時代には、国有林の森林調査のため自分の足で歩き、主として国有林の長期計画樹立を担当。この間、業務の傍ら林学、森林経理学等を独学で学び、森林の伐採方法を「皆伐から択伐」に転換するなど、生産重視の効率的な森林の取り扱いから、森林の持つ公益的機能を生かす森林経営へ転換に取り組む。 平成5年4月以降付知営林署長、名古屋営林支局森林活用課長を歴任し、平成9年8月に林野庁を退職。 その後、株式会社中島工務店総合研究所長として勤務し、平成13年4月木造建築のスペシャリストを養成する職業能力開発校「木匠塾」を設立、同法人の事務局長を兼任し現在に至る。


●3 住宅 Q&A

Q.古くなった電球を交換したいのですが、LED電球のメリット・デメリットは?

A.

省エネブームで急速に普及しているLED電球ですが・・・。
従来型の白熱球、蛍光球と比べた特徴は以下のとおりです。
◎長寿命・低消費電力・熱くならない・衝撃に強い・赤/紫外線が出ない。

性能や価格の面で比較をしてみましょう。(価格は一般的な流通価格です。)
(白熱球60wと同程度の明るさを基準とした場合の比較です。)
・白熱球 60wタイプ 寿命  1000h 約  80円/個
・蛍光球 13wタイプ 寿命  6000h 約  800円/個
・LED球 12wタイプ 寿命 40000h 約 2000円/個

いいことづくめの様ですが販売価格が高いのが難点でしょうか。
ランニングコストでは一日10時間点灯して約12年もつ計算になります。

電球の口金(ソケット)形状が違うと取付が出来ないので注意して下さい。
ねじ込みタイプはE26(太い口金)型とE17(小さい口金)型が一般的です。
蛍光管については長さが同じもので取付可能なものもあります。
ただし、トランスなど付属品が分離しているものが多いので確認が必要です。
発光部の形態により光の拡がり方が異なるので既存器具の光り方を覚えておきます。
演色性(色味)や拡散性(広がり具合)は店舗で点灯しているサンプルで確認します。
一台に3〜4灯の電球を使用する灯具はできれば一括交換しましょう。
色味や形状がバラつくと見た目がよろしくありませんね。
勾配天井や吹抜け照明のLED球交換はメンテナンスが楽になりますね。

●新たな提案としてのLED照明
ポーチ灯など点灯時間が長い場所では消費電力の節約効果が期待できます。
紫外線が出ないので虫の寄り付きに対して強いです。
薄型器具は階段や廊下など出っ張りが気になる場所がすっきりします。
特殊な帯状のLEDテープは細くて狭い場所の間接照明にも使えます。
技術革新で新しい低価格商品が出るのも時間の問題ではないでしょうか。
(東京支店 吉澤)

●4 住宅豆知識

「電気設備のワンポイント 」

普段から多く手に触れるスイッチ・コンセントの使いやすさについて考えてみます。スイッチは「床上120cm」、コンセントは「床上20cm」が一般的ですが、新築のバリアフリー対応ではスイッチ「床上90cm」、コンセント「床上40cm」にすると無理のない姿勢で操作でき、身体に負担が少ないとされる場合があります。壁面のエレメントとしては脇役として目立たない様にはしたいところです。モノの陰にまわるコンセントは使い勝手や安全性を優先した方がよいでしょう。
AV機器のコンセントは抜き差ししやすい置き台プラス10〜20cm位が適当な高さになります。レンジ台のコンセントは台より高く(150〜200cm)してアース付き専用電源(ブレーカー単独)にします。家電が集中する場所は4口〜6口のコンセントにしてプラグ形状に余裕を持たせます。
部屋の対角にコンセントがあると応用が利きます。(モノを置く可能性のある入り隅部は避けます)リビングダイニングの照明スイッチは演出効果の切り替えを考慮して集中した方が使いやすいです。同じ壁面では高さを揃えたり、近接したスイッチは同じプレートに入れるなど全体をチェックしましょう。タイミングとしては上棟後の壁下地が見えている間が具体的に検討できて良いでしょう。
(東京支店 吉澤)

●5 イベントのご案内


●6 イベント報告

7月9日・10日に「イナバの家完成内覧会」が開催されました。

完全予約制で行った結果、炎天下にもかかわらず来場組数22組ものお客様がご来場下さいました。進化し続ける中島工務店の住宅を是非ご覧頂きたく、気温に負けない熱い気持ちでご案内させて頂き、殆どの来場者に褒めて頂けた事がとても自信に繋がりました。内覧会の場を提供して下さいましたお施主様に心より感謝し、炎天下で頑張ってくれたスタッフにも感謝致します。
(名古屋支店 曽我 聡)

Harappa(ハラッパ)ハンドメイド作品販売 in 彩都展示場

7月11日(月)彩都モデルハウスでハンドメイド作品の販売会が行われました。彩都モデルハウスでは、少しでも多くの地域の方々に木の心地良さを体感して頂ける様、レンタルスペースとしてご利用頂いております。以前に一度ブログで紹介させて頂いた以来数回を重ねておりますが、今回は前回出展頂いた仲間の方で、新たなharappa(ハラッパ)と言うグループ名での出展となりました。こういったグループは沢山ある様で、「友が友を呼ぶ」木の家を沢山の方に見て頂けた事がとても良かったと思います。また、「木の家気持ち良いねぇ」「この家具格好良いねぇ」等々、買い物の中にそう言った声も聞く事が出来大成功だったと思います。今回ご来場いただいたお客様より、本日早速また違うグループで次回9月に開催したいと予約を頂きました。沢山の方にどんどんご利用頂き、色々なお手伝いが出来る事を願っております。
(大阪彩都営業所 今井 清隆)

「東濃ひのきの家ふるさとまつり2011」を開催しました!

7月23日(土)・24日(日)に開催した「東濃ひのきの家ふるさとまつり2011」には、14組51名のお施主様にご参加いただき、ここのところの猛暑が少し和らいだ清々しい2日間を過ごしていただきました。今回初の試みとしてファンファーミングのとうもろこし畑でとうもろこし狩りを体験。その場で生のまま食べていただき、「甘い!!」と皆さんに喜んでもらいました。東濃ひのきの家のふるさとである「加子母」に来て、その良さと温もりを感じていただけたことと思います。また是非加子母へ帰ってきて下さい。

※お客様アンケートより
・途中参加でしたが、スタッフさんがとても親切ですんなり入っていけました。○×クイズ子供達が大喜びでした。
・もぎたてのとうもろこしがとても甘くておどろきました!
・焼きたてのお魚・五平餅・とうもろこしをきれいな空気の野外で頂けてとってもおいしかったです。自分で採ったものは格別ですね。
・植樹がとても印象に残りました。なかなか出来ない体験で、植樹した木が大きく育ってほしいと思いました。とても思い出に残るイベントでした。
・林業の現状についての話は衝撃的でした。加子母の山の美しさに感動した反面、林業の厳しさを改めて考え巡らせる機会になりました。
※イベントの動画はこちらでご覧いただけます>>>
(名古屋支店 曽我 聡)

●7 編集後記

先日子ども達の交流会のボランティアスタッフとして隣村に行ってきました。隣なのに車で3時間半以上かかります。なぜならその王滝村は山を越えた向こうの長野県にあるからです。昔は山を越えて加子母と交流があったとの事ですので驚きです。実は昨年それを体験したのですが、山を越えるのに8時間かかりました。 この王滝村は1984年死者・行方不明者29名をだした長野県西部地震の震源地です。 今回の目的の一つがその時崩落した御嶽山南斜面の源頭部の見学です。 通常の見学コースではない上に、雨のあとで道もぬかるみ山道の状態は最悪です。背丈以上の笹をかき分け、往復2時間の道のりでしたが、子供達には大冒険だったと思います。現地に着くと霧で何も見えませんでしたが、だんだん霧が晴れていき、15分後周りの風景が全て見えた時、自分たちがどんなすごい場所に立っていたのか分かりました。こういった風景の前では自然の偉大さとともに人間の無力さを感じます。 夜は、大きなキャンプファイヤーを囲んで、大人も子供も童心に帰って遊びました。最近では子供というとゲームばかりやっているイメージでしたが、火の明かりだけで最高の笑顔で遊んでいる姿を見て嬉しくなりました。 ちなみに僕は即興の出し物に借り出され、何十年も前のヒーロー、青レンジャーになりました。子供達からはメタボレンジャーとが脂肪レンジャーとか言われてしまいましたが。
源頭部の写真はこちらで紹介されています。現地に立つと本当に圧倒されます>>。


(メールマガジン担当 中島 純)


○メール配信の解除、アドレスの変更はこちらからできます。
https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=npsg

※弊社に興味をお持ちいただけましたら、是非このメルマガを知り合いの方にもご紹介ください。

100年住める家づくり。
木の家を建てるなら、中島工務店にお任せください。

----------------------------------------------------------------------
発行元 株式会社中島工務店
会社ホームページ:http://www.npsg.co.jp
社長ブログ:http://norio.kinoie.in/
社員リレーブログ:http://npskobe.exblog.jp/
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
□可児モデルハウス(LITTLE KASHIMO) 〒509-0214 岐阜県可児市広見4-11 TEL/0574-62-6530
□かしもショールーム 〒508-0421 岐阜県中津川市加子母1361-25 TEL/0573-79-3958
□東京モデルハウス 〒136-0082 東京都江東区新木場1-1-1 TEL/03-3522-0333
□大阪彩都営業所 〒562-0028 大阪府箕面市彩都粟生南1-16-29 TEL/072-726-2400
□中津川モデルハウス(SUN) 〒508-0011 岐阜県中津川市駒場字青木447-50 TEL/0573-62-3358
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
◆本社 〒508-0412 岐阜県中津川市加子母1005番地 TEL/0573-79-3131
◆東京支店 〒136-0082 東京都江東区新木場3-4-10 TEL/03-3521-7773
◆関東社寺支店 〒333-0831 埼玉県川口市木曽呂727 TEL/048-290-7021
◆神戸支店 〒651-1101 兵庫県神戸市北区山田町小部字惣六畑山2番1 TEL/078-595-1838
◆名古屋支店 〒480-1151 愛知県愛知郡長久手町久保山1925 TEL/0561-61-3301
◆中津川支店 〒509-9131 岐阜県中津川市千旦林字西垣外230-1 TEL/0573-68-5785