☆中島工務店メールマガジン9月号☆ vol.03 2010年09月08日配信☆

サルスベリ(※このメルマガはHTMLメールです。X印が出ている方は画面の上方のメニューバーをご覧ください。「ダウンロードする」や「画像を表示する」をクリックすると写真もご覧いただけます。)

>>バックナンバーはこちらのURLをクリックしてご覧下さい。 http://kinoie.in/

(^ ^) まだ暑い日が続いていますね。今年はカメムシが例年になく大量発生しています。
カメムシが多い年は大雪が降る!はたして今年も当るでしょうか。

*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*【 中島工務店からのお知らせ 】⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*

  • 9/10(金)『夏夜祭(なつやさい)2010 in LITTLE KASHIMO』開催(岐阜県可児市)
  • 10/10(日)『木の香り体験教室』開催(兵庫県神戸市)
  • 10/16・17日(土・日)『水と緑の勉強会2010秋』開催(岐阜県中津川市)
  • 10/23(土)『第22回 安全大会・魚釣り大会 』開催(岐阜県中津川市)
    ※NPSグループ社員及びご家族/協力業者及びご家族のみを対象にしたイベントです。
  • 11/27(土) 『家づくり寺子屋』開催(大阪府箕面市)
  • 小秀山山頂の避難小屋工事記録DVD「小秀山避難小屋物語2010」をアップしました。
    http://www.npsg.co.jp/movies/movie/etc.html

*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*【 目 次 】⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*
  • 1 季節の扉  〜代表取締役 中島 紀于〜
  • 2 連載コラム  〜環境と森と家づくりを考える 中島工務店 総合研究所 中川護〜
  • 3 住宅 Q&A
  • 4 住宅豆知識
  • 5 イベントのご案内
  • 6 イベント報告
  • 7 編集後記

●1 季節の扉
連日の燃える様な暑さの中で夏の花が咲いています。
夾竹桃(キョウチクトウ)百日紅(サルスベリ)槿(ムクゲ)どの花もインド、中国、韓国に縁が深く、木も大きく、花も大きくて、色鮮やかで、たくさん咲き、長持ちします。特に加子母の南北街道(R257)は百日紅街道になっていて今や盛りと色とりどりに咲き誇っています。
又どの家にも槿が植えてあり、数種の色の花が次々と咲いて次々と凋んでゆきます。中に、真白の花びらの真中に真赤な丸の「日の丸」があり、とても清楚できれいです。 この花達を毎日見乍ら日本も、もっともっと強くならねば、もっともっと自己主張しなければいけないと思う様になりました。否そうしなければ日本は消えてしまうと思えてなりません。
今の国際情勢、今の日本の状態を見る時、国民一人ひとりが物申さなければいけないと思うのです。
  サルスベリ
槿

中島 紀于代表取締役 中島 紀于
ブログ書いてます>>> http://norio.kinoie.in/



●2 連載コラム

ヒノキのふるさとから/No.03 〜環境と森と家づくりを考える〜 
中島工務店 総合研究所長 中川 護


2010年8月、地球温暖化が進んで異常な暑さが続いているこの夏に、今年も都会から多くの若者が加子母へ集まってきました。「かしも木匠塾」参加の大学生たちです。地域のリクエストで、公共の建物、学校の遊具、バス停、公園のベンチなど木造の建物を地域の工務店の指導を受けて造っています。  
今から19年前(1991年)に野麦峠(岐阜県高山市:旧高根村)の山小屋で、上河潔氏(林野庁OB:東京都在住)とともに、京都大学の布野、東洋大学の太田、芝浦工業大学の藤沢、京都造形芸術大学の渡辺、千葉大学の安藤先生ら都市部の大学で建築学を研究されている教授の皆さんと開始し、今では全国に6校が誕生し「インターユニバシティー木匠塾」と呼んでいます。
今年の開校式でも、200名を超える学生たちに対して活動のねらいなど創始者としての思いを話しました。加子母に移ってから16回を数えましたが、当時、国有林で山づくりを担当してきた私は、退職後も継続しているこの活動が大きく花開いたことに満足しています。時代は進みましたが、建設分野における技術・技能関連の人手不足が課題となって久しく、とりわけ伝統的な木造技術を取り巻く環境は深刻で、若手建築家の不足、熟練技能者の高齢化が甚だしくなっています。
豊かな森林資源ができ上がるのを目前にして日本の山村では、過疎化・高齢化で、木材を伐採したり搬出する森林・林業関係者がいなくなってしまいました。このままでは、折角育ててきた木材等の森林資源が有効利用されないばかりか、森林を守ることができなくなっています。国が木材を最も必要だった時期は、「伐れば売れる時代」でしたが、今では、国民の意識はもとより森林を所有している林家でさえ、採算が合わないことから手入れもしなくなってしまいました。私は、森林・林業の関係者だけではなく、木材を使う側の人たちとの連携を考え、工学系(建築分野)の学生を中心に活動を開始したのです。
 (1)充実した日本の森林資源を建築資材として利用し、疲弊した林業や山村を活性化させ、
 (2)木材を住宅等に利用することによって炭素の固定化を維持し、
 (3)伐採跡には新たな森林を再生させ、持続的な森林の維持によって大気中のCO2を吸収する。
これが木匠塾を始めた理由のなのです。木造住宅がたくさん造られることによって山村に元気を与え、健全な森林を持続させる原動力となり、地球環境の保全に大きな役割を果たすことになることを、森林から遠く離れてしまった都会の方々に、そしてさらに、森林を失った他国の悲惨さや、砂漠化が進む乾燥地帯の拡大を食い止めるために、地球の緑化の必要性を、小さな村から世界に発信しなければと思っています。 
木匠塾

●中川 護 プロフィール
(株式会社中島工務店 総合研究所長)(職業能力開発校 木匠塾 事務局長)

中川 護 昭和17年岐阜県下呂市(旧馬瀬村)生まれ。昭和40年名古屋営林局(現中部森林管理局名古屋事務所)計画課に入庁。 若い時代には、国有林の森林調査のため自分の足で歩き、主として国有林の長期計画樹立を担当。この間、業務の傍ら林学、森林経理学等を独学で学び、森林の伐採方法を「皆伐から択伐」に転換するなど、生産重視の効率的な森林の取り扱いから、森林の持つ公益的機能を生かす森林経営へ転換に取り組む。 平成5年4月以降付知営林署長、名古屋営林支局森林活用課長を歴任し、平成9年8月に林野庁を退職。 その後、株式会社中島工務店総合研究所長として勤務し、平成13年4月木造建築のスペシャリストを養成する職業能力開発校「木匠塾」を設立、同法人の事務局長を兼任し現在に至る。


●3 住宅 Q&A

Q.ペレットストーブについて教えてください。 

A.
ペレットストーブは木質ペレットを燃料とするストーブで、薪ストーブと比べると火力調整や燃料供給が簡単で煙もほとんど出ないために、都市部での利用も可能であり人気が高まっています。 長所と短所をまとめてみました。
●ペレットストーブの長所

  1. 着火〜消火まで(温度調整を含め)をスイッチで操作できる。タイマーの使用もできる。
  2. 燃料の取り扱い・調達がしやすい。女性でも取り扱いが簡単にできる。
  3. FF式の為室内の空気を汚さず、しかも屋内に結露が生じにくい。
  4. 燃焼カスの取り扱いが楽にできる。しかも植物の肥料に再利用できる。(資源循環型燃料)
  5. 燃える火を見ることができ、薪ストーブに近いものがある。
  6. 直接火を扱う事がなく安全設計である。

●ペレットストーブの短所

  1. 初期投資がかかる。メーカーにもよるが、本体価格が石油ストーブに比べ高い。
  2. 据え付けると動かす事が出来ない。(1年中出しっぱなし)
  3. 電動ファンの音がうるさい機種もある。
  4. 着火から温風吹き出しまで時間がかかる。

昨年我が家でも自宅にペレットストーブを導入しましたが、暖房の能力は、12畳(キッチン)プラス8畳(居間)の部屋を暖めるには充分でした。しかも据え付けた部屋の窓は大きな2間の掃き出しサッシが2ヶ所、腰窓サッシが1ヶ所のガラス1重のアルミサッシですが、ほとんど結露が発生いたしませんでした。 燃料費は10月中旬から5月中旬までの朝・晩、5時間程度の使用で1000kg(100袋 1袋500円)を使用、大体2日に1袋のペースです。石油と比べすこし割高(石油は変動します。)です。 取り扱いについては、燃焼時に煙もあまり発生せず(着火時にすこし出ます)、無臭で、手を汚す事も無く、着火・温度調整等も簡単操作で、しかもタイマーで着火・消火できるため、女性には好評でした。 薪ストーブの圧倒的な暖かさにはかなわないと思いますが、石油ストーブからの交換でも違和感のない使用感で、火の見えるストーブを体験・採用できると思います。化石燃料に頼らず、森林資源の有効活用には、ペレットストーブは効果的な暖房機器ではないでしょうか。
(本社 加藤 隆)

●4 住宅豆知識

ウッドマイルズをご存知ですか?

ウッドマイルズとは、木材輸送の新しい環境指標のことで、もともとは出来るだけ近くでとれた食材を食べようという『フードマイルズ』の考え方を木材にあてはめたものです。 木材は本来『エコマテリアル』な建築材料ですが、遠方国から運ばれてくる木材はその輸送過程において莫大なCO2を排出しています。 弊社の可児モデルハウス LITTLE KASHIMOを例にとってみると、ウッドマイルズは1,120km、一般的な住宅のそれは6,983kmですから約1/6となります。 またCO2の排出量に換算すると一般的な住宅に比べて約70%のCO2を削減していることになりますこれは、ガソリン約1,729リットル分に相当します。 弊社が地元の木材にこだわる理由の一つがそこにあります。
(弊社パンフレット ウッドマイルズレポートより抜粋)

●5 イベントのご案内




●6 イベント報告

◎ 8/21(土)「家づくり寺子屋」を開催しました。

当日は朝から準備をし、昼から寺子屋を開催しましたが、非常に暑い 中、私たちの家づくりの思いを聞いて下さり感謝です。 岐阜から大工の今井棟梁、安江瓦さん、高槻から基礎の紙田さんにも 駆けつけて頂き、それぞれ説明をして頂きました。お客様にはカンナ かけにも挑戦していただきました。OBのKさん宅にもお邪魔をし、 住まい手様としてのお話しをたくさん聞いていただくことができまし た。Kさんの話に熱心に耳を傾け質問をしているお客様を見て、人と 人との家づくりを通しての輪が広がっている事を感じました。12組 28名の沢山のお客様に参加して頂き、加子母の話し、木材の話し、 家づくりの話し等々、時間内では中々話しきれませんでしたが、熱心に聞いて下さり有 難うございました。完成してからでは見ることの出来ない、実際は一番見ていただきたい大切な部分を見ていただくことで、これから住む時の安心感につながっていければと思います。今回この場を提供下さったO様に感謝の気持ちを送るとともに、1組でも多くのお住まいをお手伝い出来る様、頑張って行きたいと思います。次回寺子屋は11月27日(土)『下地仕上編』を開催予定です。皆様是非またご参加下さい。 
※尚、当日の様子は中島工務店リレーブログで動画にてご覧いただけます。
http://npskobe.exblog.jp/14444304/
(大阪彩都営業所 今井清隆)

●7 編集後記

加子母のトマトはモスバーガーでも使われていて有名ですが、私の家も農家です。 先日、母がトマト組合で大阪にキャンペーンに行ってきました。 そこで組合員の方が、お客様に「美味しいので買ってくださいねー」と声を掛けたのですが、「孫が岐阜の方に合宿に行って、そこから送ってきたばかりなので、、、、」 と断られたそうです。もしやと話を聞いてみると、京都造形芸術大学に通う娘さんとの事。 なんと木匠塾に来てたのです。そして京都造形芸術大学は中島工務店の担当です。 その話を聞いた日、僕は取材をするために京都造形芸術大学の作業場に行くことになっており、その子とも会うことができました。こんな事もあるんですね。 最終日、完成写真を撮りに行くと、その副幹事の女の子が、泣きながら挨拶して最後の釘を打ち終えるところでした。青春っていいですね。
木匠塾
(メールマガジン担当 中島 純)




○メール配信の解除、アドレスの変更はこちらからできます。
https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=npsg

※弊社に興味をお持ちいただけましたら、是非このメルマガを知り合いの方にもご紹介ください。

100年住める家づくり。
木の家を建てるなら、中島工務店にお任せください。

----------------------------------------------------------------------
発行元 株式会社中島工務店
会社ホームページ:http://www.npsg.co.jp
社長ブログ:http://norio.kinoie.in/
社員リレーブログ:http://npskobe.exblog.jp/
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
□可児モデルハウス(LITTLE KASHIMO) 〒509-0214 岐阜県可児市広見4-11 TEL/0574-62-6530
□かしもショールーム 〒508-0421 岐阜県中津川市加子母1361-25 TEL/0573-79-3958
□東京モデルハウス(OMソーラーの家) 〒136-0082 東京都江東区新木場1-1-1 TEL/03-3522-0333
□大阪彩都営業所 〒562-0028 大阪府箕面市彩都粟生南1-16-29 TEL/072-726-2400
□中津川モデルハウス(SUN) 〒508-0011 岐阜県中津川市駒場字青木447-50 TEL/0573-62-3358
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
◆本社 〒508-0412 岐阜県中津川市加子母1005番地 TEL/0573-79-3131
◆東京支店 〒136-0082 東京都江東区新木場3-4-10 TEL/03-3521-7773
◆関東社寺支店 〒333-0831 埼玉県川口市木曽呂727 TEL/048-290-7021
◆神戸支店 〒651-1101 兵庫県神戸市北区山田町小部字惣六畑山2番1 TEL/078-595-1838
◆名古屋支店 〒480-1151 愛知県愛知郡長久手町久保山1925 TEL/0561-61-3301
◆中津川支店 〒509-9131 岐阜県中津川市千旦林字西垣戸230-1 TEL/0573-68-5785