加子母子屋の床の厚さは?

加子母子屋に使っている木材のほとんどは加子母の「東濃ひのき」ですが、多くのお客様は床に使われている木材のサンプルをご覧になって「そんなに分厚いのですか」と目を丸くして驚かれる事が多い。

写真はそのカットサンプルを床に置いたところと、メジャーでの実測。 その厚さなんと4cm!

(ちなみに日本の住宅に使われる一般的なフローリング材の厚さは約1.5cmで、ベニヤ板を貼り合わせた表面にわずか0.3mmほどの天然木を貼っています)

これだけの厚さがあるからこそ、加子母子屋に入るとしっかりした踏み心地がありながらも天然木のもつ暖かさや柔らかさを感じるのですね。

#木の家 #北摂

IMG_1667

 

IMG_1673